デリケートゾーンの黒ずみにイビサクリームが本当に効く理由

デリケートゾーンの黒ずみに効くイビサクリームって何?

イビサクリームとは、ブラジリアンワックスのサロンで黒ずみに悩むお客さん達の声を聞きながら開発されたデリケートゾーン専用の美白クリームです。ドラッグストアなどで見かけることがないため「どこに売っているの?」という声をよく聞きますが、インターネットの公式サイトのみから注文が受け付けられています。つまり、大々的な宣伝が行なわれることなく、口コミだけで広まったという経歴があり、評判の高さは折り紙付きです。
イビサクリームの一番の特徴は、薬用クリームであるという点です。厚生労働省から認可された成分・トラネキサム酸が配合された医薬部外品であり、ただの化粧品と違って黒ずみを美白する効果があると明白に記載できるだけの根拠が存在します。トラネキサム酸と言えば、医療現場においてシミやソバカス、肝斑などの治療に用いられる薬としてもお馴染みの成分ですから、効果は絶大です。

デリケートゾーンの黒ずみに効くイビサクリームに含まれる有効成分

イビサクリームに配合される二大薬用成分として、以下のようなものがあります。

トラネキサム酸

止血作用や抗炎症作用を持つ、人工合成されたアミノ酸です。元々は外科手術や抜歯、分娩時などにおける止血、重度外傷・鼻出血・重度月経等の治療、アレルギー症状の緩和といった目的で用いられていましたが、2002年に美白効果があること及びそれまで治すすべがなかった肝斑の治療に唯一有益な成分であることが認められ、脚光を浴びました。現在では、様々な美白化粧品やサプリメント、美容皮膚科薬に用いられています。

グリチルリチン酸

古くから漢方に用いられてきた甘草という植物の根に含まれる成分で、抗炎症成分があります。アトピーや喘息、花粉症、喉の炎症等のアレルギー疾患の他、肌荒れ、ニキビの治療などにも用いられます。肌を直接美白する効果はありませんが、トラネキサム酸と一緒に作用することで黒ずみの発生を予防し、できてしまった黒ずみの悪化を防ぐ働きをします。

デリケートゾーンの黒ずみに効くイビサクリームに含まれるその他の成分

イビサクリームには、その他にも植物成分として以下の4つが含まれています。これらには保湿効果や抗炎症作用、殺菌・抗菌作用があり、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kの働きを後押しします。

  • サクラ葉抽出液
  • カモミラエキス
  • ダイズエキス
  • オウゴンエキス

さらに、以下8種のうるおい成分も配合され、触れたくなるほどのしっとり肌へと導きます。黒ずみは脱毛や衣類による締め付けや摩擦によっても引き起こされるため、これらの刺激から肌を守る役割をする保湿が、色素沈着の予防と治療に効果的です。

  • シロキクラゲ多糖体
  • ヒアルロン酸ナトリウム(2)
  • ローズ水
  • 乳酸ナトリウム液
  • 1,2-ヘキサンジオール
  • グリセリン
  • 1,2-ペンタンジオール
  • BG